さくり

ホットクックレシピや日々のこと

ホットクック 失敗レシピ スープパスタコースを使って調味料塩だけで、ワンポットミルクパスタ(1人分)

こんにちは、ねここです。

今日は、前回スープが多くできすぎてしまったスープパスタに再チャレンジしてみました。

今回は、牛乳を使ってミルクスープパスタに!と思いましたが、水分を減らしすぎて普通のパスタみたくなりました。あと牛乳が少し分離しました。

スープパスタとは言えない感じですが、短時間で作れるワンポットパスタとしてはまぁまぁ良かったので、記録したいと思います。

前回のスープパスタのレシピです▽

www.sacu-ri.com

 

ワンポットミルクパスタ(1人分)

材料

  • パスタ(今回は茹で時間9分のもの使用)・・・80g
  • オリーブオイル・・・適量
  • 玉ねぎ・・・4分の1個(50g)
  • にんじん・・・2分の1本(50g)
  • キャベツ・・・1枚(40g)
  • しめじ・・・4分の1株(50g)
  • 鶏むね肉・・・3分の1枚(90g)
  • 水・・・120ml
  • 牛乳(途中で入れる)・・・50g
  • 塩・・・全体の重量×0.5%
カッコ内は今回の材料のだいたいの重さです。
牛乳は今回できあがりの4分前に入れてみましたが、パスタが固かったので追加加熱したら少し分離したので、できあがり後に入れて追加加熱するのがいいかもです。
あと、にんじんは少し固めだったので他の野菜に変えるのが良さそうです。

作り方

パスタの重さを測りながら内鍋に入れ、半分に折ります。オリーブオイルを回しかけパスタとよく絡めます。

玉ねぎ、にんじんは薄切り、キャベツはざく切り、しめじは石づきを取ってバラバラに、鶏肉は小さめのぶつ切りにします。

牛乳以外の材料をホットクックの内鍋に入れ、重さを測ります。

f:id:sacuri:20200623140417j:plain

そうすると456g(内鍋の重さは天引き済み)なので、約450gということでいいでしょう。

ここに後で投入する牛乳の重さを足して

450+50=500

で、最終的な全体の重さは500gなので

500×0.5%=2.5

ということで2.5gの塩を入れます。

塩分計算はいつも大体×0.6%にするのですが、今日は塩分控えめにしてみました。

 

ホットクックにセットして、スープパスタコースでスタートします。

f:id:sacuri:20200623140425j:plain

およそ20分でできるのですが、できあがりの5分前くらいに牛乳を入れたいので、ホットクックの「残り◯分」の表示に注意しながら待ってました。

気づいたら残り4分になっていたので、ここで牛乳を入れてみました。

f:id:sacuri:20200623140430j:plain

牛乳を投入して、再開。

f:id:sacuri:20200623140437j:plain

できあがり音が鳴ったら、パスタを食べてみてちゃんと茹でられているか確認します。

まだ少し固かったので1分延長しました。

1分後もう一度食べてみて、さらに1分延長しました。合計2分延長しました。

f:id:sacuri:20200623140444j:plain

満を持して、できあがりです!

f:id:sacuri:20200623140450j:plain
お皿に盛ったところです。

 

スープパスタのつもりが、スープは底の方に少し残っただけでした。笑

でも、前回のスープができすぎたスープパスタより良い感じ!

ワンポットパスタとしては、この水分量で良さそう。パスタ80gに対して、水と牛乳合わせて170gだから、パスタの2倍量くらいを入れればいい感じですね。

スープパスタっぽくしたい場合は+50mlくらいかなー。

牛乳を入れるタイミングが難しいから、できあがり音の後に入れて1分〜2分延長するのでもいいかも。今回できあがり4分前に入れて、さらに2分延長したら牛乳が少し分離気味でした。

あと、にんじんが少し固くて微妙でした。にんじんは次回リストラします。

塩分計算を×0.5%にしたから、いつもより少し優しいお味でした。

粉チーズがよく合います。

量も1人で満足するのにちょうどいい感じでした。総重量500gを目指すのがいいのかな。

 

ホットクックで作るパスタだと無水パスタが大好きなのですが、無水パスタはセットしてから45分かかるので、早く手軽に食べたいときは20分で完成するスープパスタコースが役立ちそうです。

また工夫して作ってみたいと思います。

 

では、また~!

 

前回のスープパスタのレシピです▽

 

私が使っているホットクックです▽