さくり

ホットクックレシピや日々のこと

ホットクック 試作レシピ 調味料塩だけで作るサバ缶とトマト缶の無水ナポリタン

こんにちは、ねここです。

ホットクックで作る無水パスタが大好きすぎて毎週のようにいろいろなバージョンで作ってます。

今日はスーパーでおいしそうなサバ缶を見つけたので、それを使ってサバ缶とトマト缶の無水ナポリタンを作ってみました。

 いつもの無水ナポリタンの記事はこちら▽

sacuri.hatenablog.com

 

サバ缶とトマト缶の無水ナポリタン(2人分)

材料

  • 玉ねぎ・・・1個(250g)
  • トマト缶・・・1個(390g)
  • パスタ・・・200g
  • オリーブオイル・・・適量
  • サバ缶(水煮)・・・1個(150g)
  • ナス・・・1本(120g)
  • 塩・・・全体の重量×0.6%−サバ缶の食塩相当量

もりもり食べたい大人2人が一品で満足する量を作りたかったので、これで2人分です。

カッコの中は大体の重さを書きました。

f:id:sacuri:20200622135110j:plain

今回使ったサバ缶、見るからにおいしそう。

f:id:sacuri:20200622133943j:plain

100gあたりの食塩相当量は0.8gで

f:id:sacuri:20200622133940j:plain

内容量が150gなので

サバ缶全体の食塩相当量は0.8×1.5=1.2gですね。

缶詰は結構塩分入ってますね。

食塩の計算のときに、1.2gを引いて調整したいと思います。

作り方

玉ねぎは縦半分に切り、繊維と直角にさらに半分にした後、繊維と並行に1㎝くらいに切ります。ナスは半月切りにします。

パスタは半分に折ります。

材料を順番にホットクックの内鍋に入れていきます。

オリーブオイルはパスタと絡めるように入れるとパスタがくっつきづらくなって良いです。

サバ缶は特にほぐしたりせず、煮汁ごとドーンと投入しました。

f:id:sacuri:20200622133912j:plain

この状態で重さを測ると1,112gなので(内鍋の重さは天引きしました)、まぁ1,100gということでいいでしょう。

1,100×0.6%=6.6

で、ここからサバ缶に入っている食塩相当量(今回は1.2g)を引きます。

6.6−1.2=5.4

ということで5.4gの塩を入れ、ホットクックにセットします。

f:id:sacuri:20200622133924j:plain

メニュー番号で探すでNo. 207(無水ナポリタン)でスタートします。

f:id:sacuri:20200622133934j:plain
できあがりです。

ホットクックにセットしてから45分くらいで完成します。

f:id:sacuri:20200622133916j:plain
お皿に盛ったところです。ラーメンどんぶり的なお皿にもりもり盛っています。

トマトとサバがマッチしてておいしー!!

サバ缶はまとめてドーンと投入しましたが、ホットクックのかき混ぜユニットがいい感じにほぐしてくれました。

無水パスタは何回も作ってるけど、トマト缶を使った無水パスタが一番おいしいです。麺がトマト缶の水分を吸ってもちもち太麺!

そういえば、ナスの存在感なかったですね・・・。笑

無水パスタにナスを入れるとだいたい消え去ります。

ナスが嫌いな人に食べさせるのにはいいかも?

野菜は長めに加熱しても残るきのこがおすすめです。

根菜類もいいかも!

 

ホットクックの無水パスタ超おすすめです。

またいろいろ作りたいと思います。

 

ではまたー!

 

今回使ったサバ缶です。シンプルな原材料でおいしかったです▽ 

SSKセールス うまい さば水煮 150g ×6個

SSKセールス うまい さば水煮 150g ×6個

  • 発売日: 2019/10/01
  • メディア: 食品&飲料
 

 

私が使っているホットクックです▽