さくり

ホットクックレシピや日々のこと

ホットクック 幼児食の塩分濃度は何%?親子で同じものを食べるには?

娘が1歳を過ぎ、いろいろなものを食べられるようになったので、ほぼ大人と同じものを食べるようになりました。

最近は私も仕事に復帰し忙しくなったので、料理はホットクックやデロンギにおまかせしています。

その時なのですが、悩んだのが塩分濃度!!

大人だけだと0.6%で作っていたのですが、幼児って塩分濃度、何%ならいいの??

と思いインターネット上を見ているとどうやら0.5%くらいならOKみたいです。

さんさん保育園のおたより(PDFなのでリンクが貼れなかった・・・)によると

大人がおいしいと感じる塩分濃度→1%

幼児向けの塩分濃度→0.5%

らしいです。

 

こっちのサイトだと幼児向けのベビーフードは0.7%以下になるように設定されていると書いてありました。
shoku.hapiku.com

であれば、0.5%なら文句ないだろう!ということで最近は0.5%の塩分濃度で料理しています。

主にホットクックに野菜+豚肉+調味料(0.5%になるように計算)を入れて手動で炒める→5分で作ってます。

 

0.5%で料理したい場合は全体の重量に以下を掛け算してます。

  • 塩:0.5%
  • 醤油:3.12%
  • 味噌:4.16%
  • 白だし︰2.99%

0.5%の塩分濃度でも意外とおいしいです。全然問題なく食べられます!

娘にはそのままだと具材が大きいので、キッチンばさみで細かく切ってからあげます。

手動で炒めるコースは炒め煮みたいになって野菜から汁が出てくるので、柔らかくて娘も食べやすそうです。

 

あとはトマトを切ったのときのこと鶏肉を塩とオリーブオイルであえて、デロンギのオーブンで焼くのもめっちゃ楽です。

お皿にアルミ箔を敷いたところに具材を乗せて焼けば、そのまま食卓に置ける(やけどに注意!)し、片付けも楽です。

これも娘の大好物で喜んで食べてくれます。

 

そんな感じです。

では、また〜!