さくり

ホットクックレシピや日々のこと

ミニマリストの私が防災について考えてみた 持ち歩く防災グッズは何か?

こんにちは、ねここです。

東日本大震災から10年経ち、自分も母になり、非常時には自分の命だけでなく子供の命も守らなくてはという思いが強くなり、改めて防災について考えてみました。

今日は常に持ち歩くことにしたものについてお話したいと思います。

f:id:sacuri:20210324080037j:plain

持ち歩くもの

日常的にも使うものを中心に考えてみました。

子連れのときはこれにプラス母子手帳とおむつなどを持ち歩いてます。

緊急連絡先

非常時に一番まずいのが、自分が意識不明になり、誰に連絡すればいいかすぐにわからなくなることだと思いました。

「なんか倒れてるけど、この人誰!?」

となり、免許証などは持ち歩いてるから名前はわかるとしても

「病院に搬送して、それからどこに連絡すれば・・・?」

となるのではないかと思いました。

また、スマホが使えない状況でも家族の連絡先がわかれば、公衆電話などで連絡できるかもしれません。

ということで、家族の連絡先をラミネート加工して財布にいれることにしました。

あと、スマホでも緊急連絡の設定ができたので、やってみました。

スマホのロック解除をしなくても、緊急連絡先に発信できる仕組みです。

あまり知られていないかもしれませんが、できることはやっておこうということで設定しました。

モバイルバッテリー

連絡先がわからないことの次に大変なのが、スマホが使えなくなることだと思います。

最近はスマホでなんでもできて便利ですが、スマホが使えない状況になったら困ります。

ライトやラジオなど災害時に必要とされるものは、とりあえずスマホで代用できますしね。

名刺サイズの小さいものが持ち運びやすいです▽

10cmの短い充電ケーブルと一緒に持ってます▽

マスク

感染症対策のため、常に予備は入れておきたいです。

消毒スプレー

こちらも感染症対策です。普段から使ってます。

ホカロン

生理痛対策にも日常的に使えるホカロン。

災害時にもあたたまるものがあるとホッとすると思い、持ち歩いてます。

ワセリン

普段からリップクリームとして使用してます。

肌の乾燥防止や化粧落としなど何にでも使えて便利です。

絆創膏

持っておくとなんとなく安心ですよね。

長距離を歩かなくてはならなくなったときの靴ずれ対策にも。

ちょっといい絆創膏も入れてます。

テッシュペーパー 

日常用としても必須です。

ヘアピン・ヘアゴム

髪の毛以外にも食べかけの袋を止めたり使えます。

ラーメンを食べるときに髪をまとめたいので。

お菓子

なくてもいいのではと思ったのですが、日常でお腹が空いたときにも食べられるしいいかなと思って、持ち歩くことにしました。

ブラックサンダーはコンパクトなのに112kcalもあっておいしいです。

賞味期限も半年くらい持ちます。

ビニール袋

荷物が増えたときや汚れ物が出たときなど。嘔吐したいときにもあると安心ですね。

サニタリーグッズ

小さいポーチに生理用ナプキンとライナーを2枚ずつ入れてます。

 

持ち歩かないもの

防災用に必要と言われているけど、持ち歩いていないものです。

閉じ込められたときや、助けを呼びたいけど声が出ないときに使える防災用の笛は持ち歩くかかなり悩みました。

でも、そういった状況のときにバッグの中のポーチを開けて笛を取り出す気力があるのかなと思うと、微妙だなと思ったので。

逆にそれくらいの気力があれば、近くのものを叩いたり、スマホを鳴らしたり、他の方法で知らせられるかなと判断しました。

本当は常にすぐに取り出せる場所に笛を持っておくのがいいんでしょうけど、私にはできないと思いました。

携帯トイレ

携帯トイレってどういう状況で使うのかイマイチわからなかったので、私は持ち歩いていません。

パンツを脱げる場所はあるけどトイレはできないってことなんですかね・・・?

夫はエレベーターに閉じ込められた時を想定して持ってるって言ってたので、なるほどと思いましたが・・・。

私は、いざとなったら子供のオムツがある!笑 と思ってます。

オムツの方が履いたままできるからいいかも!?

まとめ

こんな感じで自分にとっての最低限の防災持ち物を考えてみました。

防災について考えていると、つい、あれもこれもとなってしまうのですが、一番大切なのは無理なく常に持ち歩けることだと思ったので、ひとまずこのような形になりました。

もし、今、災害が起こったら?を意識して今後もアップデートしていきたいと思います。